よくあるお問い合わせ

 

Q 鍼は痛くないのですか?

A 鍼は体に巡っている気を調えるためのものです。Print03.jpg

  なので鍼を刺すのは皮膚より1〜2ミリ。深くても4〜5ミリ程です。

  そのため、ほとんど痛みはありません。

  他にも鍼先が丸くなっている刺さない鍼なども有ります。 

  こちらは鍼治療が初めてで治療が不安な方やお子様に使用します。  

  皮膚に刺す鍼は個包装になっていて使い捨てです。

 

Q  鍼を深く刺していただけるのですか? 

A  当院の鍼は体に巡っている気血を調える治療であります。

     そのため深くても4〜5ミリ程の深さで事足りると考えています。

   鍼を深く刺して欲しい方には物足りないと思われますので

     他の治療院に受診されることをお勧めいたします。

     

 お灸は熱くないのですか?

 お灸には“透熱灸”と“知熱灸”の2種類があります。

     透熱灸はゴマ粒や米粒ほどの小さなもぐさを使用します。

       字の通り“熱を通す”という事から少しチクッとする時が有りますが

       火傷したりお灸の跡が残る事はありません。

     知熱灸は字の通り熱を知るという事から、温かく感じる位の熱さです。

   当院では透熱灸も用途によって行いますが、多くは知熱灸を使用しています。

 

 治療時間はどのくらいですか?

A    治療時間はお一人お一人違ってきます。

   同じ方でも、その日の体調によって変わる事もあります。

   お着替えも含めましてお一人の治療時間は40分〜1時間ほどです。

   初診の方はお体のことを詳しくお聞きしますので少しお時間がかかります。

   お子様の場合は10分〜20分程になります。

 

Q  治療間隔はどうしたら良いですか?

 症状などによっても変わってきますが、目安として急性症状の場合は

       23日おきに治療されると良いと思います。

     慢性症状の場合はストレスのかかる環境や生活習慣の乱れ等から

     気血のバランスが徐々に崩れた事によって起こる事が原因ですので

     そのバランスを調えるためには、根気よく治療を受けられる事が大切です。

     そのため1〜2週間に1〜2回程度で治療を続けると良いと思います。


    他にも気になる事がございましたらお気軽にご相談下さい。

▲このページのトップに戻る